不動産投資を成功に導く|軌道修正しよう!

空いた住宅を有効活用

部屋

メリットを知る

仕事の転勤や長期の旅行となると長期間住宅を空けることになってしまします。住宅を空き家のままにしておくと劣化が進み、帰ってきた時には住めない状態になっている可能性もあり得るのです。このような事態を防いでくれるのがリロケーションです。リロケーションとは、海外赴任や転勤によってマイホームを一時的に人へ貸し出すシステムのことで、貸す側にとって住宅の劣化が防げるだけでなく様々なメリットがあります。例えば、住宅を人に貸すことで家賃収入が得られたり、空き巣などの被害を防げたりできるのです。特にマイホームのローンが残っている人は家賃収入で得たお金でローンを返済することも可能となります。また、貸し出す期間が満了していれば、転勤から帰ってきた後でもすぐに自分の住宅へ戻ることができるのです。このように、リロケーションは様々な魅力があるため、長期間住宅を空ける場合は利用してみるとよいでしょう。しかし、住宅を貸す側としてリロケーションを利用する場合は、家賃設定などにも気を付けないといけないため、その地域の家賃相場などを調べておくとよいでしょう。

賃貸更新料が必要ない

リロケーションは、賃貸更新料が必要ないという点も魅力の1つです。賃貸更新料はだいたい借り始めて2年経過すると発生するものですが、必ずしも発生するものではありません。地域性が強く、更新料ゼロのところもあれば、1カ月分の家賃というところもあります。初めの契約書には必ず記載されていますので見落とさないようにしなくてはいけません。リロケーション物件は、初めから賃貸契約期間が決まっています。期間満了になるとオーナーはマイホームに帰ることが前提になるため、更新は出来ないのです。そのためにたとえ3年間の契約だったとしても2年目に更新料が発生することはありません。リロケーションは、家賃収入や空き家対策で貸す側が利用されることも多いですが、もし転勤などで賃貸物件を探している人であれば、借りる側としても一度検討してみるといいでしょう。